代表挨拶

日本の伝統を世界へ

創業の原点は日本の文化である食でした。

学生時代、友人と海外に旅行に行った際、お金がない中、日本食を見つけた時の感動は今も脳裏に焼き付いています。

安心感、満足感、そしてなにより五感で味わう「おいしさ」

私達が何気なく頂いている日本食は古の時代より、先人の知恵、創意工夫、そして連綿と受け継がれてきたおもてなしの心があります。

この食の感動をひとりでも多くのお客様に提供したい、日本には地方にはまだまだ地域だけでしか食べられていない「おいしい食」がある、それを世に出したい。

方言や言葉は通じなくてもお客様の笑顔から伝わる世界に誇れるおもてなしの心を色んな国の文化、地域性を尊重しながら、日本の伝統を世界へをスローガンにし、

  • 公の心
  • 恥の文化
  • 和の精神

の三本柱からなるトライアングルを家訓・社訓としています。

 

歴史を忘れた民族に明日はない

と、よく言われますが、日本の伝統ある食の担い手として、歴史、先人に学び、仕事を通じて公益の為に克己し、積善することで徳を高める。

古くさいと言われようが、信念を大切にし、資本の論理と人としての倫理のバランスを考え社会的責任を追及する100年企業を目指し、志ある多くの人材を輩出したいと考えております。

次代に伝えましょう、日本の伝統

大和魂を!!